チベット体操で効果が実感できない人のための9つのチェックポイント

公開日: : 最終更新日:2014/04/16 アンチエイジング

Tibetan-Rites-2_m

チベット体操を始めて6週目に入りました。回数において13回目です。
まだ白髪はなくなっていないけれど、これだけ続けられているのは目に見える効果が実感できるから。

今のところ感じられている効果は次のようなものです。

  • 呼吸が深くなり気持ちがリラックス
  • 10数年続いた腰痛がなくなった!
  • 睡眠時間が短くても疲れなくなった
  • 気持ちが充実、毎日がハイテンション! チャクラが開いたのかな??



呼吸が深くなる効果は始めて1日目で実感できるはず。
効果が実感できていないという人はもしかしてやり方が間違っているのかも。

実際にチベット体操をやってみて間違いやすいなと感じたポイントをまとめてみました。チベット体操を始めたけれどやり方が合っているかどうか不安という人もこちらのチェックポイントでやり方を確認してみましょう。

第1の体操のチェックポイント

1.第1の儀式 両手を水平に上げてグルグル右回転

・回転するスピードが早すぎませんか?
・回転するときに呼吸を忘れていませんか?

回転が早いほうが効果があると考えがちですが、チベット体操の本にはゆっくり回転することと書いてあります。
呼吸をしながら回転します。呼吸を意識できるスピードで回転しましょう。

・目が回るまで回転していませんか?

目が回る場合、回転数が多すぎです。回数にとらわれず目が回らない範囲で回転しましょう。

第2の体操のチェックポイント

2.第2の儀式 仰向けに寝て首と足を同時に上げ下げ

・首を上に曲げるときに上半身全体が上がっていませんか?

意識していないと胸から上げがちです。下に曲げるのは首だけです。喉が閉まる感じがしているか確認しましょう。

・息を吐くときに足を急激に降ろしていませんか?

バタンと足を降ろしてはだめです。腹筋を使って吐く息とともにゆっくりと足を降ろしましょう。

・足を降ろしきった段階で息を吐き切っていますか?

第2の体操が一番息を吐き切るのを忘れやすいと思います。足を降ろし終わった段階でまだ息が残っているなら、次の足を上げる動作に入る前に息を吐き切ってしまいましょう。チベット体操は深い呼吸が大事です。

第3の体操のチェックポイント

3.第3の儀式 立ち膝で後ろに反り返る

・目を閉じて動作を行っていますか?

チベット僧は第3の体操は目を閉じて意識を内側に向けるそうです。
目を閉じて行ってみましょう。

・首を下に曲げるときに上半身全体が下がっていませんか?

下に曲げるのは首だけです。ここでも喉が閉まっているかを感じましょう。

第4の体操のチェックポイント

4.第4の儀式 足を伸ばして座った状態からブリッジへ

・ブリッジ型を完成させる前に十分に息を吸っていますか?

ブリッジを完成させた後だとそれ以上の息が吸えません。十分に息を吸いきってからポーズを完成させましょう。

・ブリッジ型を完成させた時に息を止めていますか?

チベット体操の中で息を止めるのはこのポーズだけです。きちんと息を止めれば身体の中にエネルギーが充足する感じが得られるはずです。

第5の体操のチェックポイント

5.第5の儀式 うつ伏せから状態を反らし、それから山の形へ

・上体を反らす時、下半身が浮いていませんか?

息を吐きながら上体を反らす時、苦しくて下半身が浮きがちです。
浮いてしまうと胸が十分に開きません。下半身が浮かないように注意しましょう。

ちなみにこの記事のトップ写真は下半身が浮いてしまっている悪い例です。

正しいイメージは次の写真です。
Tibetan-Rites

朝と夜に分割してチベット体操をする

チベット体操は朝やっても夜やってもどちらでも大丈夫です。
朝やるか夜やるか悩むよりもやれるときにやる。それくらいの緩やかさで大丈夫です。

また回数が増えるにつれ、一つ一つの動作が雑になりがちです。1週目は各動作を3回ずつからスタートし、毎週2回ずつ増やし最終的には各動作を21回ずつ実施するわけですが、21回ずつになるとそれなりにキツく感じてきます。動作がおざなりになると効果が感じられなくなります。回数が増えてきて大変だなと思う場合、朝と夜に分けて実施するのもよいと思います。例えば朝11回、夜10回で合計21回です。

丁寧に動作をすることが回数を増やすことよりも効果を感じるための大切なポイントです。

効果が実感できるようになれば自然と続くようになります。
チベット体操を始めた経緯の記事はこちらです。
1日たった10分で15歳若返るチベット体操の実力とは?
合わせて読んでいただければ嬉しいです。

PC_AD

この記事の著者について

東京都在住の共働き夫婦です。30代に突入して夫婦共々体の不具合を感じ始めたことをきっかけに、好奇心旺盛な妻が情報を収集し、元来分析好きのIT企業に勤める夫が実践してレポートしています。
体本来の機能を整えて健康と美容を手に入れるべく日々切磋琢磨中!

この記事を気に入ったらシェアしてね

関連記事

smoothie

スムージー初心者にバイタミックスを勧めない理由とチェックポイント

スムージーを作るミキサーの最高峰はバイタミックス。スムージーを楽しんでいる方は最終的にバイタミックスに行き着く方が多

記事を読む

インカインチオイル

飲む美容液!オイルの常識を覆す、インカインチオイルの効能まとめ

オメガ3が含まれている、身体にいいオイルとして有名なのが、亜麻仁油やえごま油です。 しかし、加熱してしまうと効果が

記事を読む

detox

岩盤浴がデトックスするのにサウナよりも圧倒的に効果的な理由

美容やダイエット、デトックス目的での岩盤浴やサウナ。同じようでいて効果が全く違います。本当の意味でのデトックスは岩盤

記事を読む

vege-broth

ベジブロス フィトケミカルの力でうるうる肌を手に入れる!

ベジブロスとは? ベジブロスは野菜の皮や切れ端を使って作る野菜だしです。野菜の栄養素は皮や種にたくさん含まれて

記事を読む

amazake-greensmoothie

甘酒グリーンスムージーはダイエット朝食の最終兵器か

朝食をグリーンスムージーに変えてからはや三ヶ月。体重は75キロから69キロへとなんと6キロ減少。特にダイエットを

記事を読む

amazake

甘酒の効果を最大限に発揮するには生の甘酒をおすすめします

甘酒にアルコールは入っているのか? 甘酒がアンチエイジングによいと言っても、甘酒にはアルコールが入っていると思い込

記事を読む

anti-aging

アーモンドの効果 20歳若返る驚くべきアンチエイジング力とは?

「70代なのに50代に見える。50代なのに30代に見える。」これはアーモンドのダイエット効果実験で有名な慶応義塾大学井上

記事を読む

acai

アサイー ダイエット効果はないのに痩せることができる2つの理由

アサイーにはダイエット効果がないのにどうして痩せるの? アサイーは、以前紹介したえごま油(えごま油 オリーブオイル

記事を読む

bath

ヒートショックプロテイン 半身浴で効果が実感できない人のための新しい入浴法

冷え性には半身浴がよいとされていますが、銭湯の熱々のお風呂に入った後の爽快感が忘れられず、個人的にはモヤモヤする

記事を読む

smile_s

年齢と共に表情はいつの間にかこわばる 笑顔トレーニングで魅力的に

子供の笑顔には誰もが惹きつけらます。残念なことに大人になると魅力的な笑顔をする人が少なくなります。それは年齢と共

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PC_AD

片足立ち
いつでも片足立ちダイエット!1分でウォーキング50分の痩せ効果!

片足立ちダイエットが短時間で効果抜群と話題になっています。すきま時

アヒル サングラス
石鹸いらずのタモリ式入浴法で美肌が手に入る!お風呂の常識を覆します

美肌で有名なタモリさんが実践する入浴法が「タモリ式入浴法」です。

セルライトがある脚
自宅でできるセルライトの除去方法教えます!お手軽ケアでセルライト除去&セルライトができにくい身体に!

太ももやおしりのボコボコしたセルライト、気になりますよね。ダイエッ

きれい 太もも
もう失敗しない 太ももダイエットは確実に成功できる!ポイントと方法を整理しよう

太ももを細くしたい!そのような思いを抱いて色々なダイエットを試すも

きれいな下半身
下半身ダイエットはコレ!洋ナシ型体型のお悩みにさよならできるダイエット方法3つ

下半身太りに悩む女性は多いと思います。「洋ナシ型体型」と言われると

もっと見る

    • プロテイン置き換えダイエット。空腹の時間が長くなるのでストレスがたまります。ちょこちょこ食べて血糖値をゆるやかに保った方が性に合ってるのかな~(^^;) #ダイエット #プロテイン #置き換えダイエット #痩せたい
      about 11か月 ago
PAGE TOP ↑