塩シャンプー 頭皮ケアのファイナルアンサー?

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 美容

solt
オイルシャンプーや湯シャンを試してきた妻がファイナルアンサーとして選んだ頭皮ケアが塩シャンプー。湯シャンと何が違うの?塩シャンプーはどうやるの?どのくらいの頻度でやるの?どんな塩を使えばいいの?にお答えします!

妻がカリスマ美容師推奨方法の湯シャンを続けた結果

湯シャンについてはこちらを。湯シャン 髪のプロである美容師さんの間ではスタンダードだった

カリスマ美容師山田さん推奨の湯シャン方法まとめ

基本はお湯だけで地肌と髪の毛をしっかりと洗う
お湯の温度は高めで(41-44℃くらい)
シャンプーをするのは週1~2回
シャンプーは地肌につけない。髪の毛だけを洗う

僕自身は2日に1日の湯シャン、シャンプーするときはオイルシャンプーという組み合わせをしていたろころ、その間に妻は全く普通のシャンプーを使わずに3週間ほど湯シャンを続けていました。

その結果ですが、まず匂いについては臭くない。毎日チェックしていたというか、チェックをさせられていましたが匂うことは全くありません。冬の時期にスタートしたのがよかったのかも知れません。髪の毛も触った感じはべとつきはありません。高めのお湯で洗うことにより基本的な汚れは取れてしまうようです。

皮脂については、妻自身の感想として続けているうちに油分は減ってきたようですが、どうしても頭皮にベトつきは少し残るとのこと。そのままあと1ヶ月くらい湯シャンを続ければ恐らく皮脂も適切な量の分泌に抑えられるようになると思いますが、妻はここで塩シャンプーを試すことにしたようです。

湯シャンと塩シャンプーの違い

普通のシャンプーは頭皮に必要な油分まで根こそぎ落としてしまってかえって髪の毛によくない。必要な油分まで落としてしまうことによって、身体が油分が足りないという信号を感じて必要以上に皮脂を出してしまい、それがフケや抜け毛、髪の毛がゴワゴワになる原因になる。シャンプーを使わなくても髪についた埃や普通の汚れは取れるという考えは、湯シャンも塩シャンプーも同じです。

違う点は塩シャンプーは湯シャンによるタンパク質の凝固を防いでくれるところ。なんでも高温のシャワーは皮脂上のタンパク質を凝固させ、皮脂の出口を塞いでしまう欠点があるようで、塩シャンプーはその欠点を補い、皮脂のタンパク質凝固を防いで汚れをきれいに落とせるとのこと!

妻は塩シャンを始めてまだ数日ですが、皮脂のベトつきがなくなった!と喜びの声をあげています。また髪の毛の指通りも湯シャンの時に較べてよいとのこと。彼女的には湯シャンやオイルシャンプーやら何やら試した中で塩シャンプーは頭皮ケアのファイナルアンサーかもと言っていました。確かに塩シャンプーの後は匂いもほのかに甘く悪くありません。今後1ヶ月、2ヶ月続けたところで追加レポートをします。

塩シャンプーのやり方

  1. 通常の湯シャンと同様に温度が高めのお湯(41-44℃くらい)で地肌と髪の毛をしっかりと洗います。
  2. 洗面器に温度が高めのお湯を張り、その中に大さじ一杯くらいの塩を入れて溶かします。
  3. 可能であれば2で作った食塩水の一部をマスタードディスペンサーのような容器のものに移し替えます。マスタードディスペンサーは100円ショップで手に入ります。
  4. ディスペンサーの食塩水を直接頭皮に染み渡らせ頭皮をマッサージします。
  5. 洗面器に残った食塩水を髪全体にゆっくりと染み渡らせマッサージします。
  6. 最後にもう一度、温度が高めのお湯でしっかりと髪全体を洗い流します。



食塩水をディスペンサーに入れる手順は省いてもOKですが、こうしたほうが頭皮に食塩水が染み渡りやすいそうです。

塩シャンプーの頻度

塩シャンプー湯シャンと同様に毎日して大丈夫です。塩が残らないようしっかりと最後にお湯で洗い流しましょう。

塩シャンプーに使う塩

妻は精製食塩ではなく、贅沢に天然由来の塩を使っています。にがりのある天日塩です。なんでもスクラブには岩塩がよいので本当は塩シャンプーでも岩塩にしたいけど妥協してこれだそうです。確かにスクラブ用の岩塩だと終わった後の匂いもよさそうですね。いつか妻にプレゼントしてみます。

PC_AD

この記事の著者について

東京都在住の共働き夫婦です。30代に突入して夫婦共々体の不具合を感じ始めたことをきっかけに、好奇心旺盛な妻が情報を収集し、元来分析好きのIT企業に勤める夫が実践してレポートしています。
体本来の機能を整えて健康と美容を手に入れるべく日々切磋琢磨中!

この記事を気に入ったらシェアしてね

関連記事

ニキビ

夏の季節にできるシミ!実は食べ物で対策できます 身体の内側からシミをなくそう

いつの間にかできてしまい、増えてしまうのがシミです。肌がくすんで見えてしまったり、見た目年齢を上げてしまったりと美の

記事を読む

konjac

こんにゃくダイエット 普通のこんにゃくではなく蒟蒻畑がよい理由

こんにゃくダイエットで便秘がひどくなるケースに注意! 食物繊維がたっぷりで便秘改善効果に優れているこんにゃく。

記事を読む

coriander

パクチーの効能 女子の身体が自然に求める驚愕のアンチエイジング力!

別名カメムシソウと呼ばれるパクチーの味ほど男女で好き嫌いが分かれる食べ物もないでしょう。多くの男性はパクチーが嫌い。

記事を読む

dancer

ジャイロキネシス 異性も同性も虜にするしなやかボディを手に入れる

マドンナや草刈民代もハマるジャイロキネシス。躍動感ある美しいボディには秘密があります。ヨガやピラティスと比較されます

記事を読む

nice-body

猫背じゃないのにスタイルが悪いのは巻き肩が原因だった!

胸が張ってキレイなS字カーブを描く背筋の女性を街で見かけると憧れますよね。猫背じゃないのに同じようなスタイルにならないと

記事を読む

hot-spring

ラドン温泉にはなぜアンチエイジング効果があるのか

エイジングの原因となるのが活性酸素。活性酸素が発生するとしみやたるみの原因となります。ラドン温泉にはこの活性酸素

記事を読む

bodywork_s

必見! 実践者が絶賛する自力整体 究極の美容・健康法かも。

知人に教えてもらった自力整体。調べてみるとこれがすごい!自力整体の公式ホームページで謳っているアンチエイジング、生理痛改

記事を読む

placenta

プラセンタの効果は天然の万能薬! ただし偽物にはご注意を

プラセンタとは? プラセンタとは英語で胎盤のことで、プラセンタと言う時は胎盤から抽出したエキス(アミノ、ビタミ

記事を読む

インカインチオイル

飲む美容液!オイルの常識を覆す、インカインチオイルの効能まとめ

オメガ3が含まれている、身体にいいオイルとして有名なのが、亜麻仁油やえごま油です。 しかし、加熱してしまうと効果が

記事を読む

カムカム

世界一のビタミンC 知らなきゃ損な果実カムカムの効果とは

門外不出の果実、カムカムがすごい 「カムカムの実」をご存知でしょうか?日本では聞いたことがない人が多いと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PC_AD

片足立ち
いつでも片足立ちダイエット!1分でウォーキング50分の痩せ効果!

片足立ちダイエットが短時間で効果抜群と話題になっています。すきま時

アヒル サングラス
石鹸いらずのタモリ式入浴法で美肌が手に入る!お風呂の常識を覆します

美肌で有名なタモリさんが実践する入浴法が「タモリ式入浴法」です。

セルライトがある脚
自宅でできるセルライトの除去方法教えます!お手軽ケアでセルライト除去&セルライトができにくい身体に!

太ももやおしりのボコボコしたセルライト、気になりますよね。ダイエッ

きれい 太もも
もう失敗しない 太ももダイエットは確実に成功できる!ポイントと方法を整理しよう

太ももを細くしたい!そのような思いを抱いて色々なダイエットを試すも

きれいな下半身
下半身ダイエットはコレ!洋ナシ型体型のお悩みにさよならできるダイエット方法3つ

下半身太りに悩む女性は多いと思います。「洋ナシ型体型」と言われると

もっと見る

    • プロテイン置き換えダイエット。空腹の時間が長くなるのでストレスがたまります。ちょこちょこ食べて血糖値をゆるやかに保った方が性に合ってるのかな~(^^;) #ダイエット #プロテイン #置き換えダイエット #痩せたい
      about 7か月 ago
PAGE TOP ↑